横浜で外壁塗装、屋根塗装、塗替えをするなら「横浜外壁塗装王」の株式会社アトリエネオへお任せください。

横浜市にある外壁塗装と塗替え
2018年12月06日

横浜で外壁塗装依頼したい時のポイント

横浜で外壁塗装したい時にいくつか留意しておくべきポイントがあります。これをしっかり抑えておけば後々後悔することなく、満足のいくリフォームを体験できるはずです。通常は10年をめどにリフォームを検討するケースが多いのですが、家周りをぐるりと見て回りながらどこにトラブルを発生しているかを自分なりに見て回ります。通常10年程度ではさすがに内壁にまで大きな影響は出ませんが、20年以上経った家だと内壁にもなにがしかのトラブルが出ている事もありますから、そうしたものも含めてリストを作ってみます。屋根は外壁以上に傷みやすいパーツですが、さすがに下からは全体像が見えてきません。遠目で見たときに完全に色あせている感じだったら、やはり塗り頃です。こうして有る程度リフォームの目的を自分なりに考えておく事で、外壁塗装会社担当者との話もスムーズに進みやすくなります。結局会社との相性は営業マンとの相性でもありますから、考え方があう人や人間的に信頼できる人に限ります。納得のいくまで担当者に質問をするなど一点の曇りもなく施工に入れるようにしておく事が大切です。

横浜で外壁塗装を春に依頼


春は1年で最も外壁塗装が多く実施される時期であり、多いときは数軒おきにリフォームが行われているのを見ます。
横浜のように温暖な地域なら4月に入るか入らないかという時に、町のあちこちでとんかちとんかちと工事の音が響いているはずです。
でもなぜ春はこれほど建築が多いのでしょうか。それは塗料の性質によるところが大きいゆえです。1年の平均気温をみると3月初めでは最低気温が、5度を下回っていて朝は若干肌寒い感じなのですが、日中は10度を少し超える程度の、ほんのり暖かい感じです。
一方湿度は120〜130%程度ですから、塗装を塗るのに妨げにはなりません。春先はゆっくり気温が上がっていきますから、塗料を塗るには最適な環境です。あまりに気温が高すぎているか湿度が高すぎると、塗料がさっと乾燥しやすくけして理想的な環境とは言えません。
雨期が来る前にしあげてしまいたいという思惑もあって、冬と雨期の狭間にある3月から5月の春先にリフォームラッシュがおきるのでしょう。


PageTop