業者選びに役に立つ外壁塗装に関連した業者をご紹介します。

外壁塗り替えコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年06月16日 [FAQ]

自宅の外壁をおしゃれな色合いに変えたい。

前回の塗装から10年が経ち、そろそろ外壁を塗り替えてもらおうかと相談しています。
これまで外壁に使っていた色合いがベージュを主体としたもので、他の家と馴染みすぎてしまい、あまり面白みがなかったものですから、今回は思いきって他の色にチャレンジしてみようと思います。
軽い雰囲気のパステルカラーで窓枠も白や黄色などで合わせ、他にはないイメージの家にしたいと思います。こちらの意を汲んで最適な色を提案してくれて、それを塗装してくれるような業者はありますか。アドバイスをお願いします。


回答

外壁塗装ならぜひ専門業者へご相談ください。


一戸建てにお住まいの方が数年に一度直面する問題が外壁の塗り替えです。
通常であれば施工時に担当した業者が対応してくれるものですが、場合によっては他の業者と料金や技術に差が出てきます。
現状に不満点や疑問に思うことなどがあれば、次回以降、外壁塗装業者を変更することをおすすめします。
今回のご相談は、自宅の外壁とその雰囲気を変えたいというもの。外壁の色やベース素材を変えて、気軽に自宅の雰囲気を変えて楽しむ方が増えています。
まず外壁塗装に使う塗料には複数の種類があります。よく使われるのはアクリル系やウレタン系の塗料です。比較的安価で、どんな場所にでも塗ることができるのですが、耐久性にやや難があり、長期間風雨にさらされるような環境では短いスパンでの塗り替えが必要となります。
塗料には他にも種類がありますので、ご自宅の外壁に最適なものを選び、うまく長持ちできる塗装を行うことが、長い目で見て塗装にかかる費用を安価に抑えるキーになります。
ここ最近の流行は、光触媒塗装です。これまで、白い壁は人気の色にも関わらず風雨の影響が大きく、すぐに汚れてしまうという難点がありました。そこで多くの施主さんはベージュや薄いグレーなど、ほどほどの明るさを保つ一方で汚れの目立たない色を選択しがちでした。しかし、光触媒塗料を利用するとその状況は一変します。
太陽光と雨水を利用して塗装面のセルフクリーニングをする機能があるこの塗料。壁の色が明るければ明るいほど威力を発揮するため、より白い色のご利用がおすすめなのです。特に玄関正面やお庭に面した壁面など、日差しがよく当たる面には最適です。
比較的新しい塗料ですが、扱う業者も増え、塗装できる色の種類も多くなってきました。塗装経験の豊富な外壁塗装業者を検討してみてはいかがでしょうか。

PageTop