業者選びに役に立つ外壁塗装に関連した業者をご紹介します。

外壁塗り替えコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年02月18日 [FAQ]

外壁塗装を定期的に行わなければいけない理由は何ですか?

家を購入してから10年を目安に外壁塗装を検討した方がいいと耳にしますが、10年は早すぎないでしょうか?うちは新興住宅地に建売りしてた戸建てを10年ちょっと前に購入したのですが、現在目立った劣化はなくご近所の家を見ていても塗装をし直さなくてはいけないほどの状態には見えません。実際に見積もりを取ったことはありませんが、外壁塗装工事は高額な費用がかかると聞きますし、現在住宅ローンを支払っている状態の中で2人の子供の教育費も嵩む中、工事費用を捻出するのはとても厳しいです。仮に15年と見ても、また15年後に塗装をしなくてはいけないと考えると人生の中で外壁塗装にかけなくてはいけないお金がそんなにも必要なのかと不安になります。戸建てを購入する場合はそれも踏まえて購入しなくてはいけないものなのでしょうか?素人目に見て外壁に問題がなさそうであればそのままにしておいても大丈夫でしょうか?

回答

外壁塗装は美観だけでなく建物を守る意味で定期的なメンテナンスが必要です


特別な場合を除いて住宅の塗替えは最低でも10~15年に一度を目安に行うべきだと言われています。塗装の目的は大きく分けて2つあり、1つ目は建物の美観を保つこと、もう1つは建物を雨・風・紫外線などの外的要因による劣化から守ることが挙げられます。
使用している塗料の種類やお住いの環境によってその耐用年数は異なりますが、一見すると問題がないように見えても、目に見えない部分で劣化が進んでいる場合があります。費用がかかる工事の為、少しでも先に延ばしたいという考えを持ってしまいがちです。しかし、時間が経過することによっていつの間にかお住いの寿命が短くなったり、資産価値を失うことさえも起こります。
目に見えない劣化により外壁塗装ではなく、もっと大きな改修工事が必要になるケースもあり、費用は外壁塗装よりも高額になる可能性もあります。
塗装業者の中には外壁診断を無料で行っている所が少なくありません。住宅を購入されて10年を過ぎた頃を目安に外壁診断の専門家に点検をしてもらい、現状を把握するのが賢明です。専門家により、劣化が起こっていない、まだ外壁を塗り替える必要はないと診断されれば安心です。あとどのくらいで塗り替えるべきかを聞ければ工事費用がどのくらいかかるかを踏まえ貯蓄も出来ます。今すぐに塗替えや補修が必要な状態と診断されれば、早い段階で対処することで劣化を止めることが出来ます。いずれにしてもプラスに働くため、安心を得るためにも検討されてはいかがでしょうか。

PageTop