業者選びに役に立つ外壁塗装に関連した業者をご紹介します。

外壁塗り替えコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年10月23日 [FAQ]

優良外壁塗装業者の見分け方は?

家を建てる時に、施工会社であるハウスメーカーの担当者に言われた記憶もなくて、夫婦共々家のことには疎くて、新築時にはとにかく自分たちの城が持てたことで舞い上がっていて、10?15年おきに家のメンテナンスとして外壁塗装をしなければいけないことを知りませんでした。
来年でちょうど15年になりますが、最近グレーの外壁に汚れが目立ってきて、特にサッシ窓の下から雨だれだと思うのですが、黒い汚れがくっきり付いている箇所が複数あって、それに加えて壁を触るとまるでチョークに触れたように手が真っ白になって、家に詳しい友達にそのことを伝えると、完全に外壁が老朽化していて、15年経つなら早めに外壁塗装をした方がいいと言われてしまいました。
ハウスメーカーに連絡しようとしましたが、その場合はハウスメーカーに仲介手数料を取られてしまうので、直接塗装をしてもらえる請負業者に依頼した方がいいとのアドバイスを受けました。
塗装業者の中には、異常に高い料金を請求してくるようなところもあるので、優良業者を選ぶように言われたのですが、素人にもできる優良外壁塗装業者の見分け方を教えてください。


回答

アフターや保証は外壁塗装工事ではかなり重要なポイントです。


1つの業者だけに絞って見積りをとったり、外壁についての話を聞いても、それが安いか正しいかの判断を素人にはできない可能性が高いので、できるだけ多くの塗装業者の情報を集めるところからはじめましょう。
今ではインターネットで検索すれば、お住いの周りで複数の塗装業者を見つけることは容易にできますので、実際にそこで工事をしてもらったお客さんたちからの評判や口コミも参考にしましょう。
今どき自社のホームページを持っていない業者は、避けた方が無難ですが、無料で見積りをしてくれて、ご近所さんや知り合いが実際に施工してもらった評判の良い業者の場合は、候補に入れても構いません。
口頭ではなく、見積書や契約書などをきちんと書面で出してくれることは、業者選びの最低条件です。
それがなければ、トラブルにつながる確率が高くなります。
定期的に必要になる外壁塗装は、アフターや保証が非常に重要になります。
その時だけ安く工事をしてもらえても、必ずまた工事は必要になりますので、対応の早さと補償内容をしっかり確認した上で、契約を結びましょう。

PageTop