業者選びに役に立つ外壁塗装に関連した業者をご紹介します。

外壁塗り替えコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年09月18日 [FAQ]

外壁塗装に使用する塗料の特徴とは?

20年近く前に家を建てて、その時にはほとんど家に関する知識がなく、施工をお願いした、今は倒産してしまった建設会社の意見だけを聞いて工事が進んでいきました。
もちろん予算は決まっていたし、必要な部屋数や最低限必要な設備はこちらからきちんと希望しましたが、外壁に関してはサイディングかモルタル壁のどっちがいいのか聞かれても、特にこうしたいというものがなく、友人に相談するとモルタル壁の方が頑丈だと聞いてそれを選びました。
ましてや外壁塗装に使用する塗料の違いなど全く知らなくて、さらにその後の外壁のメンテナンスについての説明もされた覚えもなく、それから10年もしないうちにその会社自体がなくなってしまったこともあって、20年近くも外壁塗装をしないでいました。
数年前から外壁の色がかなりくすんできたことに気づいていましたが、最近間近で外壁を見ると、細かいひび割れも所々で行っていて、これはまずいと思い友人に尋ねてみると、外壁のメンテンスとして、定期的な塗装工事が必須であることが分かりました。
もちろんひび割れは大きな問題だと思いますが、外壁の劣化具合を判断する基準やポイントがあれば教えてください。
それと外壁に使用する塗料にはいろいろな機能を備えてものがあるそうですが、その機能や塗料の種類について教えてください。


回答

近年いろいろな機能を持つ塗料が登場しています。


20年近く前に家を建てたということでので、すでに外壁塗装が必要な状態であることはほぼ間違いありません。
外壁の劣化を見極めるには、ひび割れた色のくすみの他にも、チョーキングといって、壁に触ると白い粉が手に付くような状態や、カビや藻の汚れが付いていることが挙げられます。
カビは繁殖し続けて、見た目で劣化が確認できるので、黒ずみなどを見つけたら、すぐに対策した方がいいでしょう。
外壁に使用される塗料は、近年どんどん新たな機能が付加されていて、防水機能、遮熱機能、防カビ機能、高耐久機能などの他にも、外壁についた汚れを自動で落としてくれる、セルフクリーニング機能を持つ塗料も登場しています。
外壁に使用される塗料の種類は、一般的に使用されているものだと、とにかく価格が安い「ウレタン塗料」、最もスタンダードな「シリコン塗料」、耐久性に優れて汚れにくい「フッ素塗料」、とにかく長持ちする「無機塗料」などがあり、外壁塗装に使用する塗料は、家が建つ環境などによってプロにしっかり選んでもらうことをおすすめします。

PageTop