業者選びに役に立つ外壁塗装に関連した業者をご紹介します。

外壁塗り替えコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年08月20日 [FAQ]

外壁塗装を自分で行うには?

数年前からDIYにドハマリしていて、もともと手先は器用なので、一つのことを覚える度にどんどん新しいことにチャレンジしたくなって、今度は家の外壁塗装に挑戦しようと考えています。
もちろん素人が手を出してはいけない部門であることは承知しているのですが、私も妻も子供たちには迷惑はかけたくないと思っていて、近い将来一緒に老人ホームへ入ることをすでに決めていて、その時がくれば老朽化した家は建て壊して更地にして売却する予定なので、失敗しても全然かまわないことを最初に伝えておきます。
もちろん高所での作業になるので、十分な注意や命綱なども用意して作業にあたるつもりですが、外壁塗装をするのに必要なものと、それをする時の注意点を教えてください。


回答

足場はプロに任せることをおすすめします。


高所の作業になるということですので、ハシゴや足場が必要になります。
安全性を高めるためにはやはり足場を使用した方がよく、素人が足場を組むことには大きなリスクを伴いますので、最低限ここはプロの業者に任せることをおすすめします。
塗装工事を行う場合は、必ず塗料が周りに飛散るので、養生シートが必要になります。
窓や窓枠に塗料が付かないように、しっかり養生してください。
養生シートとセットでマスキングテープが販売されているので、ホームセンターなどで買い揃えてください。
塗料を塗る際には、ローラーが必要となり、細かい部分は刷毛を使用して仕上げていきます。
サイディングの塗装を行う際には、コーキング材が必要になり、サイディングのつなぎ目や、家の角のコーナーの継ぎ目にコーキング処理が必要になります。
外壁の塗装をはじめる前には、その表面についた汚れやカビを取り去る必要があり、高圧洗浄機があれば作業が簡単になります。
それがない場合は、ブラシを使ってキレイに取り去ってください。
もちろん外壁塗装には塗料が必要で、塗料にはいろいろなグレードがあって、高額なほど長持ちします。
基本的には下塗り、中塗り、上塗りの3回塗る必要があり、塗る回数が少なくても、仕上がりも持ちも悪くなります。
今回は失敗しても問題ないという状況だと思いますが、DIYで外装塗装をする場合は、色むらが出たり、イメージと全然違うという結果になることはよくあることなので、それを承知した上で作業を行ってください。

PageTop