業者選びに役に立つ外壁塗装に関連した業者をご紹介します。

外壁塗り替えコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月18日 [FAQ]

業者に依頼せず自分で対応年数の長い外壁塗装は可能ですか?

父が営業している飲食店の外壁の塗装は5年ほど前に自分と兄とでDIYしたのですが、色がかなり退色してきて見た目にも気になっています。専門の塗装業者に頼むと高額だと思い、自分たちでしましたが、やはり素人レベルなのでしょうか。退色しだしたのも早かったため、今回塗り替えをどうしようかと悩んでいます。
塗料もやはりプロの業者のものとは違うと思いますし、今後の塗り替えを考えても専門の業者に頼んだ方がよいのでしょうか?
業者に頼んだ場合の費用がどのくらいになるのか、目安があれば教えて下さい。

回答

外壁塗装は塗装前の処理がきれいで長持ちする塗装に不可欠な作業です


外壁塗装工事を専門とする業者は塗装がきれいに長持ちする塗装を行うために、外壁面の洗浄を行います。この洗浄をいかに丁寧に細かくできるか、外壁に汚れの落とし残しがないかで塗装の仕上がりに差が出るため、徹底します。更に、外壁に出来てしまっている劣化部分、錆などは洗浄では落とせないため、下地処理という工程でチェックしていき、きれいに補修します。ヒビがあればそれを埋めたり、サビをサンドペーパーなどで落としたり、塗装前の外壁面をきれいな状態にすることを徹底します。こういった塗装前の処理はやはり専門業者ならではのもので、なかなかご自身でされるのは難しいのではないでしょうか。
業者の中でも安さを売りにしているような悪徳業者は、塗装のかなめと言えるこのような作業を徹底して行わなかったり、必要な工程を飛ばしたりすることがあります。結果的に耐用年数の短い塗装になってしまい、塗替え時期が早まるのであれば、意味がありません。安さを前面にした見積もりや営業トークの上手な業者には十分注意が必要です。
塗装の工程においても、塗装は一度塗るだけではありません。下塗り、中塗り、上塗りと3度の塗装を行うのが塗装工事の基本です。塗装面を強化するためです。塗装に際しては足場を組んだり、保護シートを貼ったり、安定した状態で塗装が出来るための設置も行います。通常の塗り替え費用の内訳は、塗料代、人件費、足場代、利益となっており、選ぶ塗料により金額と耐用年数が異なります。
これまでにご説明したように、専門業者はきれいで長持ちする塗装工程を踏み工事致します。ご自身で同じことが出来なければどうしても品質は落ちますし、劣化時期が早まりますの。総合的に検討してみてください。

PageTop